算命学では、この世のすべての空間(物質)は、「陰陽五行論」によって分類できるものとしています。

 

 

そして、人間の肉体(五臓六腑)もおなじく、以下のように分類している。

 

↓↓↓

 

十大主星 性質 臓器

貫索星
石門星

木性 肝臓、胆のう

鳳閣星
調舒星

火性 心臓、小腸

禄存星
司禄星

土性 脾臓、胃

車騎星
牽牛星

金性 肺臓、大腸

龍高星
玉堂星

水性 腎臓、膀胱

 

では、次の人体図について、説明していきます。

↓↓↓

 

【例】人体図

 

 

 

この人体図を性質(臓器)別に表現すると、

 

↓↓↓

 

十大主星 性質 臓器

龍高星
(頭)

水性 腎臓、膀胱

鳳閣星
(右手)

火性 心臓、小腸

調舒星
(胸)

火性 心臓、小腸

貫索星
(左手)

木性 肝臓、胆のう

石門星
(腹)

木性 肝臓、胆のう

 

 

この人体図には、「土性」と「金性」がないことがわかります。つまり、

  • 脾臓、胃
  • 肺臓、大腸

もともと弱い ということになります。

 

 

 

そして、ストレスや免疫力の低下などによって体調を崩した場合には、性質の偏っている臓器(火性木性)、

  • 心臓、小腸
  • 肝臓、胆のう

から 影響が出やすい と言えます。

 

 

このように、自分の体の弱点を把握し、体調管理の目安 にすることができるようになるのです。